導入事例 導入事例

WORKS

神奈川県相模原市 ユタカ精工株式会社 様

切削加工 マシニングセンターのマシンテンディング

UNIVERSAL ROBOTの導入で採用難&人手不足を解消し、深夜帯の継続稼働を実現

導入に至るまで

  • 01採用難&人手不足、注文があっても受けられない状況
  • 02単純作業をロボット化
    人間はより付加価値の高い仕事に集中
  • 03コスト対効果だけではなく、人間が他の仕事に割り振れる時間をどれくらい作り出せるか
    タクトタイムが人間より長くてもよい
  • 04少量多品種生産のため専用ラインは不可
    可動式協働ロボット
  • 05退勤前に仕掛けて、出勤時に仕事が終わっていること

加工工程とロボット導入工程

  • 01丸パイプ棒材を一定の長さにカット
  • 02NC旋盤にて、荒削り、仕上げ削り、C面取り
  • 03マシニングセンタにて、穴あけ、タップ、面取り
    この工程でUniversalRobotを導入した
  • 04検査
  • 05熱処理
  • 06納品
alt
キャプションキャプション

課題と対策

少量多品種生産に対応した製造ラインへの導入

  • 使いたい時だけ設置して、簡単に稼働できること

    アンカー固定ではなくキャスター可動式架台

  • 位置合わせが簡単なこと

    ガイド&着脱機構&運搬/供給/搬出機構を架台に一体化

導入コスト

  • カメラやセンサは使わない

    からくりを応用した供給/搬出とワークのハンドリング

  • 工作機械と電気的に連結しない

    ロボットが扉を開けて、加工スタートボタンを押す

今後の取り組み

  • 01導入後の生産性向上で投資回収を試算する場合
    本システムは約5年必要なため今回ロボット化したワーク以外の仕事についても自動化を検討している。
  • 02具体的には
    100~200mm角の板モノのフライス加工であり、これまで3年継続している月産数百個のリピート加工である。
  • 03現システムでそのワークのマシンテンディングを自動化するには
    治具(バイスおよびハンド)や供給・搬出機構などを改良設計する必要がある。
CONTACT

CONTACT

弊社へのお問い合わせは下記のページより承ります。

ご質問やご依頼など、お気軽にご連絡ください。

お問い合わせはこちら